海外酒販アジア=Carlos=
リオハ2019年、伝説のヴィンテージ?

皆様、こんにちは。

カルロスと申します。スペインから参りました。

私の好きなリオハワインの話をしましょう。
(英語は日本語の続きにあります!みてくださいね!)

2019年は、DOCa RiojaDenominación de Origen Calificada Rioja)によって優れたヴィンテージとして評価されました。

この年はブドウ畑の健康と栄養状態は、例年より並外れて優れており、ブドウの房の密度の通気性もよく、適度な活力を伴い、この年は非常に高品質のブドウができました。

また、天候が良かったため、非常に適度な収量と優れた品質のぶどうが得られ、安定した年であったため、時期をずらして収穫することができました。

そして、その中から厳選されたブドウでワイン作りができました。この結論は、150人の専門家によって4,500個のサンプルを分析した結果このような評価に至りました。

2019年のブドウは非常に絹のような上質なタンニンを持ち合わせており、ワインを作る早い段階で、ポリフェノールのレベルが高くなります。その結果、2019年のワインは濃い色を持ち、バランスが総合的に洗練されており、非常に上品で、熟成にとても適しています。

 

しかも、それは伝説的な1964年のヴィンテージワインと非常に似ており比較せずにはいられないほど。ブドウの収穫時の類似点が多く、1964年のブドウの収穫も理想的な気候条件で、ブドウに害を及ぼす害虫ありませんでした。

さらに、気候条件や、ブドウの房の密度の通気性もよく、非常に適度な収量と優れた品質のぶどうが得られたなどの共通点多く非常に似ています。

 

2019年が伝説的な年になるかどうかを確認する事は、今はできません。

こればかりはワインが熟成するのを待つしかありませんね。

しかし、熟成していくのを待つのも、私の楽しみの一つです。

 

2019 was rated by DOCa (Qualified Denomination of Origin Rioja) as an excellent vintage.

 

The health and vegetative situation of the vineyard was exceptional throughout the campaign. The state of the bunches, loose, well aerated and accompanied by the moderate vigor of the plants, allowed to obtain grapes of enormous quality. The year was marked by stability, allowing a staggered harvest. The good weather made it very selective, with very moderate yields and excellent quality grapes. This conclusion was reached after analyzing 4,500 samples that have subsequently been tasted by a panel of 150 professionals.

 The grape has a round and very silky tannin that manifests itself early in elaborations with high levels of total polyphenols, such as this year. They are highly structured wines, with intense colors and very suitable for aging.

 But can it be compared to the legendary 1964 vintage? At least we can say that at least at the time of grape harvest if they can be similar. Both vintages had ideal climatic conditions and without pests that damage the grapes. In addition, the climatic conditions did not allow a lot of grapes to grow that would give an overproduction, so that the grape grew with enough space to air and give a result of the highest quality.

We can only wait for the wine to age well to see if 2019 will be a legendary year.

Japanese
Japanese