Skip to product information
1 of 2

海外酒販株式会社-Kaigai Fine Wine Store

シャンパーニュ・クリスタル・ブリュット ルイ・ロデレール「1981年」 Champagne Cristal Brut - Louis Roederer

Regular price ¥187,000 JPY
Regular price ¥208,000 JPY Sale price ¥187,000 JPY
Shipping calculated at checkout.

1981 Champagne Cristal Brut - Louis Roederer

クリスタルは1876年、ルイ・ロデレールがロシア皇帝アレクサンドル2世のために初めて造ったシャンパーニュです。皇帝は毎年メゾンの最高キュヴェをリザーブしていました。
ロシアが不安定になり、暗殺を恐れたアレクサンドル2世は、ボトルの底のくぼみに爆弾が仕掛けられないようにシャンパーニュの瓶を透明で底が平らなものにするよう命じました。1917年のロシア革命で皇帝の治世が終わった後もロデレールはこのシャンパーニュの生産を続け、1945年にはついに市販されるようになりました。クリスタルのゴールドラッピングにも歴史的なルーツがあります。19世紀にはシャンパーニュの品質を示すために色分けが行われていました。当然のことながらゴールドは最高級を示す色でした。また、このラッピングには科学的な理由もあるのです。光沢のあるセロファンには紫外線防止効果があり、透明なボトルに入ったワインを太陽光から保護することができるのです。

Cristal was first created by Louis Roederer for the Russian Tsar Alexander II in 1876.
As Russia became less stable and Alexander feared assassination, he commanded that his Champagne be bottled clear and with a flat bottom in order to ensure no bombs were placed in the punt beneath the bottles. After the reign of the tsars ended with the Russian Revolution in 1917, Roederer kept producing the Champagne, and it eventually hit the commercial market in 1945. Cristal’s gold wrapping has historic roots. In the 19th century, a system of color-coding was used to signify a Champagne’s quality. Unsurprisingly, gold was used to denote the highest prestige. But there’s a scientific reason for this wrapping, too. The shiny cellophane is actually anti-UV, which protects the clear-bottled wine from damaging sun rays.