1995 Tokaji 5 Puttonyos Oremus 500ml

販売価格 価格 ¥28,600 通常価格 ¥28,600 単価  あたり 

配送料は購入手続き時に計算されます。

※1本あたりのお値段です。
※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。
ワインの詳しい状態は予めお問い合わせください。

Tokaj-Oremusは、ハンガリー北東部のトカイ地方にあるワインメーカーです。この地域の有名なボトリティーズ・トカイワインを製造しており、甘さのレベルは3~6プットニョスである。

Oremus社の歴史は1620年代にさかのぼり、Oremus社のブドウ畑は、初めて作られたトカイ・アスツのためのブドウを生産したと言われています。1993年には、スペインを代表するベガ・シシリアのオーナーであるアルバレス家がこの地所を購入し、トカイ・オレマス・ビニェードス・イ・ボデガスを設立しました。ワイナリーはトルチュヴァにあり、13世紀に作られた地下セラーでは、自然な甘さのトカイワインが貯蔵・熟成されています。

オレムスのブドウ畑は33ヘクタールあり、主にフルミントが植えられていますが、ハルスレヴェリュー、サルガ・ムスコタリー、ゼータ、キョヴェルスゾロ、ゴヘールなども少量植えられています。ブドウ畑は大陸性気候で、近くに2つの川の合流点があるため、収穫時にはブドウがボトリティス菌に冒されない理想的な条件が揃っています。Oremusの遅摘みワインはほとんどが過熟したブドウから作られているのに対し、Aszúのワインは試行錯誤の中で1つ1つ選別されたボトリティスの実から作られています。

トカイ・オレムスのワイン作りは、この地域で何百年も前から使われてきたワイン作りの方程式と同じです。ボトリート化されたデザートワインであるAszúとEszenciaは、ゆっくりとした発酵過程を経て、リリース前にオレムス社の古代の地下セラーで小樽で何年もの熟成を必要とします。また、トカイ・オレムス社は、フルミントから単一のドライワイン「マンドラス」を生産しています。