海外酒販アジア オスピス・ド・ボーヌ(1) 2018年 ムルソー プルミエ クリュ シャルム キュヴェ・ド・バエズル・ド・ランレイ バンジャマン・ルルー Meursault 1er Cru Charmes, Cuvée de Bahèzre de Lanlay 2018 / Benjamin Leroux

Meursault 1er Cru Charmes,

Cuvée de Bahèzre de Lanlay 2018

/ Benjamin Leroux

 

ムルソー 1er シャルム 

キュヴェ・ド・バエズル・ド・ランレイ 2018

/ バンジャマン・ルルー

 

畑について 

ルイ・ド・バエズル・ド・ランレイは電信線の検査官で、1884年に彼の財産がオスピス・ド・ボーヌに遺贈され、外科棟と老人ホームの建設を可能にしました。オスピス・ド・ボーヌのキュヴェでの2つのムルソー・シャルムのうち、このキュヴェは大きい方で、しっかりとミネラルを感じるのが特徴です。また、テロワールであるレ・ドゥスの半分が1947年植樹、もう半分は1946年植樹で、樹齢が高いことも特筆すべき点です。

 

The vinyard

Louis de Bahèzre de Lanlay was an inspector of telegraph lines, who bequeathed his fortune to the Hospices de Beaune in 1884, enabling the construction of a surgical block and an old people’s building. This is the larger of the two Hospices Cuvées of Meursault-Charmes, and often the more mineral in character. It comes from very old vines: half from Charmes Dessous (planted 1947), half from Charmes Dessus (planted 1946).

 

テイスティング 

透明感のある繊細な淡いグリーンがかったイエローの色合いで、まずレモンピールや赤リンゴが感じられ、白い花やほのかにホワイトペッパーのスパイシーさも現れます。

わずかに感じられる還元的なニュアンスはスワリングすることで消えます。口に含むと、桃などのストーンフルーツや青リンゴ、レモンの軽やかな果実味と、火打石やスレートなどのミネラル、樽由来の香ばしいパンのニュアンスも感じられます。バランスの取れた酸と丸みを帯びた熟したシャルドネの風味が広がり、どこまでも美しい余韻が続きます。すでにバランスよい仕上がりですが、8年~10年ほどの熟成を経ることでますます味わいに磨きがかかります。

About the tasting note

Clear, delicate, pale greenish-yellow color with lemon peel and red apples on the nose, with white flowers and a hint of white pepper spice on the palate. Slightly reductive notes disappear in the swirling process. On the palate, light fruit flavors of peach and other stone fruits, green apple and lemon, as well as minerals such as flint and slate and savory bread notes from the barrel. Balanced acidity and rounded, ripe Chardonnay flavors unfold on the palate with a beautiful finish that lasts forever.Already well-balanced, but it will be further refined with 8-10 years of aging.

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

Japanese
Japanese