海外酒販アジア オスピス・ド・ボーヌ(2) 2017年 ボーヌ プルミエクリュ キュヴェ・ダム・オスピタリエール メゾン・ルイ・ジャド Beaune 1er Cru Cuvee Dames Hospitalieres 2017 Maison Louis Jadot

畑について vineyard

オスピス・ド・ボーヌのワインオークションはこの美しい畑から造られたワインでスタートします。このキュヴェは1443年のオスピス設立当初から病人の世話をしていた修道女たちの名前を冠しており、彼女たちの中にはオスピスに重要な遺産を残した者もいました。北フランスのサン・オメール出身の彼女たちは現在のフランスとベルギーの国境にあるヴァランシエンヌ病院で修業を積んでいました。このキュヴェは主にブレッサンドとミニョットを中心とした1級畑から造られています。 

 

It is a tradition that the wine auctions of the Hospices de Beaune start with the offer for sale of this lovely Cuvee. It bears the name of the nuns who looked after the sick from the very foundation of the Hospices in 1443, certain of them having even left important legacies to the institution.Originally from Saint-Omer in Northern France, the Sisters had done their training at the Hospices de Valenciennes, situated on the present Franco-Belgian border.The Cuvee is made up entirely from Premier Cru vineyards, principally Les Bressand and La Mignotte.

 

テイスティング tasting

深みのある色調でグリオットチェリーやグースベリーのブーケが感じられます。口に含むとチェリーやダークベリーの果実味がありつつ、ブレッサンドの持つしなやかさも全面に現れています。バランスの良い酸がやわらかいタンニンを支えてストラクチャーを形づくり、ソフトで美しい余韻が続きます。非常に良いヴィンテージとなった2017年は、今後熟成を重ねることで味わいがまとまり、さらに素晴らしい味わいに進化していくことでしょう。

 

The wine is deep in color with a bouquet of griot cherries and gooseberries. On the palate, cherry and dark berry fruit flavors are present while the suppleness of the Bressand is on full display. The balanced acidity supports the soft tannins and shapes the structure, with a soft, beautiful finish. 2017 is a very good vintage, and will evolve into a great wine with further aging to make it more cohesive on the palate.

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

Japanese
Japanese