コレクション: ボジョレー Beaujolais

ボジョレーには4つのAOP(AOC)があます。


ボジョレー(Beaujolais)
ボジョレー・シュペリュール(Beaujolais Superieur)
ボジョレー・ヴィラージュ (Beaujolais Villages)
クリュ・ボジョレー(Cru Beaujolais)

AOCボジョレーは、ボジョレーの生産量のおよそ半分をしめ、南部の平坦な地形で、砂の多い土壌から生まれます。早熟で軽やかなタイプで、赤・白・ロゼワインが認められています。ボジョレー・シュペリュールは、最低アルコール度数が0.5%高いだけで、あまり気にするほどの意を持たないのですが、ワインは赤ワインのみです。ボジョレー・ヴィラージュは、ボジョレー地区のほぼ北半分の39の村から産出されるもので、赤・白・ロゼワインが認められています。ボジョレー全体の4分の1を占めるクリュ・ボジョレーは、特別な品質を認められ村名を表示できる、いわばボジョレーとしては最も格上のワインです。現在10銘柄が認められています。北から並べると、サンタ・ムール、ジュリエナス、、ムーラン・ア・ヴァン、フルーリー、シルーブル、モルゴン、レニエ、ブルイィ、コート・ド・ブルイィとなり、ワインのタイプは赤ワインのみが認められています。

4個の商品
  • 1966 Beaujolais Villages Alexandre Hochberg
  • 1964 Beaujolais-Villages E. Loron
  • 2014年 ジュリエナ フレデリック・コサール Julienas Frédéric Cossard
  • 2017年 モルゴン マルセル・ラピエール Morgon Marcel Lapierre
Japanese
Japanese