海外酒販アジア オスピス・ド・ボーヌ(4) 2017年 エシェゾー グラン・クリュ キュヴェ ジャン・リュック・ビセ バンジャマン・ルルー

海外酒販アジア エシェゾー

Echezeaux Grand Cru Cuvee Jean Luc Bissey 2017 / Benjamin Leroux

エシェゾー グラン・クリュ キュヴェ ジャン・リュック・ビセ 2017

 / バンジャマン・ルルー

畑について vineyard

4世紀にわたってブドウ栽培を続けてきたムッシュ・ジャン・リュック・ビセによって2011年に寄贈されました。彼はそのようにして「ブルゴーニュの寛大さ」の偉大な伝統を維持しています。ブドウの樹はビセ氏の父が1945年に植樹したもので、「レ・ルージュ・デュ・バ」に向かった「レ・エシェゾー・デュ・ドゥス」の斜面に植えられています。また、オスピスが販売するコート・ド・ニュイのグラン・クリュとしては、マジ・シャンベルタン(1976年~)、クロ・ド・ラ・ロッシュ(1991年~)に続く3番目です。

 This vineyard is a gift made in 2011 by Monsieur Jean-Luc Bissey, whose family has been cultivating vines in the region for four generations. He thus maintains the great tradition of Burgundian generosity. The vines are located in the climat of « Les Echézeaux du Dessus », where the land becomes slightly sloping, towards « Les Rouges du Bas ». They were planted by Monsieur Bissey’s father after 1945. Echézeaux thus became in 2012. The third Grand Cru of the Côte de Nuits to have wines being offered for sale by the Hospices, after Mazis-Chambertin since 1976 and Clos de la roche since 1991. 

テイスティング tasting

フレンチパフュームのような素晴らしい香りが広がり、ブラックチェリーなど黒い果実が最初に感じられますが、次第に赤い果実の風味が現れます。

海外酒販アジア 黒い果実海外酒販アジア 赤い果実

タバコやレザー、マッシュルームなどのニュアンスが感じられるアーシーな印象です。

タンニンは非常に細かく、美しく張りのあるパワフルな力強さがこのグラン・クリュの素晴らしさを表しています。

素晴らしいバランスで調和していますが、まだ果実味がタンニンに隠れている状態なので、熟成を重ねて召し上がっていただくことをおすすめします。飲み頃は2035年頃からです。

The nose is wonderfully French-puffy, with black fruits, such as black cherries at first, but then red fruit flavors emerge. This is an earthy impression with notes of tobacco, leather and mushroom on the palate. The tannins are very fine, beautiful, taut, powerful, which is the essence of this Grand Cru. It has a great balance and harmony, but the fruitiness is still hidden by the tannins, so it should be kept for some time. It should be drunk from around 2035.

Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published

English
English